聴神経腫瘍の治療を名医にお願いするメリット

聴神経腫瘍の手術をすればリスクを回避できる

Cure the disease

聴神経腫瘍の治療を名医にお願いするメリット

診察室

技術的に難しい場合もある

聴神経腫瘍は脳の至る所に発症するため、症状によっては技術的に手術が難しい部分もあります。ただ、聴神経腫瘍の手術を多く手掛けてきた名医なら、後遺症もなく綺麗に取り除くことができます。

医者と看護師

腫瘍を見つけるきっかけ

聴神経腫瘍かどうかを正確に判断するには、造影MRIでの検査が必須です。また近年使用されているMRIは、わずか1センチ程度の腫瘍や細かい腫瘍まで発見できるため、早期治療が実現します。

相談

聴神経腫瘍じゃない場合もある

小脳橋角部にできる腫瘍は、全部で30種類以上あるといわれています。これらの腫瘍は良性と悪性があり、画像でも判別できないことがあります。最終的には、腫瘍組織を採取して病理検査しないとはっきりしたことはわからないでしょう。

こんな症状が出たら要注意!

  • 耳鳴りがする
  • めまいやふらつきがある
  • 激しい頭痛を伴う
  • 顔面麻痺の発症

広告募集中